広島工、強打で20年ぶり甲子園 大会7試

3 Dec

26日、広島大会決勝 広島工8―3盈進) 広島工が強打で、20年ぶりの夏をつかみ取った. 盈進(えいしん)の大型右腕・谷中に、4回まで無安打. 沖元監督が「スライダーを捨てて直球狙い」と指示した5回、一挙4得点で試合をひっくり返した. 昨秋の県大会は準々決勝で広島商に完敗し、今春は如水館に初戦敗退. 「敗戦から多くを学んだ」と主将の木下は胸を張る. 今大会は7試合で68得点. 「たくましくなった」と監督も認める選手たちが重い扉を開いた. 2011年下半期の本.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: